約100年前のアンティークな薔薇や天使の絵柄を使って、
オリジナルの紙雑貨やハンドメイド雑貨を製作しているお店です。
レターセットやメモ帳、タグなどのラッピング品、スマホケースなど
大人可愛いロマンティック雑貨をお探しの方はぜひご来店下さい♪
http://www.papier-dore.com/
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
当店の今年の一文字は『芸』

こんにちは、紙雑貨パピエ・ドレのAKIKOです。

 

2017年もご来店誠にありがとうございました♪

初めてのお客様、いつも通って下さるお客様、皆さまに心より感謝ですハート

 

今年を表す漢字を何か一文字と尋ねられたら、私は『芸』です。

紙雑貨を作るという『芸』で沢山のご注文数を頂き、

本当に感謝の一年でした。

 

また、素晴らしい友人との出会いがありまして、

忙しい合間を縫っては美術館めぐりやコンサートへ足を運び、

美しい『芸術』の数々に触れることができました。

 

今年のベスト展覧会を選ぶなら『怖い絵展』です。

東京と兵庫で開催され、私は兵庫県立美術館へ足を運んだのですが、

絵の美しさの裏に隠された恐ろしいストーリーにすっかり魅せられて、

関連の本も買ってしまったほどです。

http://www.kowaie.com/

 

もっと近ければ何度でも足を運びたいほど素晴らしい内容でした。

心理的描写が怖いものって、なんとなく惹かれちゃうんですよね(←心の闇?!)

 

↓こちらは『レディジェーン・グレイの処刑』。

処刑前の恐ろしいワンシーンなのに目が釘付け。

レディジェーングレイの処刑

 

そして先日は兵庫県立美術館の『大エルミタージュ展』へ行きまして、

たくさんの天使の絵を見てきました。

怖い絵展とは違って、明るく神々しい神様や天使がいっぱいで

西洋美術の世界にますますハマってしまいました。

 

本当ならロシアまで行って、エルミタージュ美術館の

ゴージャスな空間にどっぷり浸れたら良いのですが、

とりあえず気分だけでも…という事で♪

 

↓こちらが本物のエルミタージュ美術館の一部。写真だけでもうっとり。

エルミタージュ美術館展

 

ちなみに、最近読んだ本で知ったのですが、

天使はもともと成人の姿で描かれていたのですが、

成人の姿から若者へ、ついには幼児の姿で描写されることが増え、

天使の神聖性が脅かされるのではないかと当初は不評の声も多かったのだとか。

興味深いですね。

私は成人でも幼児でも天使の絵というだけで癒されますヤッタv

 

さてさて。

今年たくさんリクエストのお声を頂きながら

実現できていない物も多々ございましたので、

こちらも少しづつお応えできるように頑張りたいと思います。

 

ハンドメイドで作るものが多く、

ご注文が多いとモタモタしてしまう事もありますが、

心をこめてお届けいたしますので、

2018年度もどうぞよろしくお願いいたしますぴのこ:)

 

▼薔薇と天使のロマンティック紙雑貨 パピエ・ドレ
http://www.papier-dore.com/

▼ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さいね♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドショップへ
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
 

| 03:28 | 今日のできごと | comments(0) | - |